DayDreamer

マズジューとAppleとゲームと

水木しげる物3冊

行ってきたよ水木しげるロード。久々に行ったら妖怪像が増えてたのでパチパチと撮ってみた。が、カードリーダーを職場に忘れてきた (;´Д`)

んで、水木しげる文庫っていう店が新しく出来てて、ここの品揃えがステキにベリーナイス。大抵の本はそろうな。ちなみに本だけじゃなくて喫茶コーナーみたいなのもあって、たましいの天ぷらとかあったが食いそびれた……orz 今度は食ってこよう。

その後のゲゲゲの鬼太郎 (1) (扶桑社文庫)

その後のゲゲゲの鬼太郎 (1) (扶桑社文庫)

鬼太郎のその後を描いた物。エロ多めとは聞いてたけど、この1巻ではあまりそういう表現が多くないので苦手な人もいいかもしれん。というか半分以上が野球漫画だけど (笑) その野球の話に出てくる監督が水島って名前でちょっと笑った。顔もそっくりだしなー。

のんのんばあとオレ (講談社漫画文庫)

のんのんばあとオレ (講談社漫画文庫)

ややフィクション交えての水木しげる少年時代記。面白いというか切ない話もけっこう多い。初恋の子はハシカで死んで、次にほれた子は肺病を患って亡くなり、最後は神戸の置屋に売られるという。切ないのう。これはオススメ。

完全版水木しげる伝(上) (講談社漫画文庫)

完全版水木しげる伝(上) (講談社漫画文庫)

これの中編を東京旅行で買ったんだけど、あれが面白かったので買い集め。ちょっと上の「のんのんばあとオレ」とかぶってるが、こっちはノンフィクション (……たぶん)。同じエピソードも入ってるけど、微妙に細部が違うのでそれを探すのもよいかと。

舞台となった街でその本を読むのはまた格別ね。

広告を非表示にする