読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DayDreamer

マズジューとAppleとゲームと

ブレスオブファイア5 ドラゴンクォーター

「あなたは誰かのために命を投げ出して戦えますか?」

ということでブレスシリーズ初体験。初体験でドラクォかよ! というつっこみはなしだぜ、そこのブレスプレイヤー。

ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター

ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター

でまぁ、Amazonの値段を見るとわかりますが、悲しいことにワゴン常連なわけですよ。280円とかで売られていたりする。だが、難易度高めなシステム概要を聞いてちょっと燃えたわけです。てな話をたまたま知り合った某ドラクォ開発者さんに言ったらソフトくれました。ワゴンで値段が下がるたびに買ってしまって5本ぐらい家にあるらしい……。ありがとうございます!

エントリーにはほぼネタバレなしですが、コメント欄はネタバレ全開でいくので注意よー。

良かった点

SOL、Dカウンター、PETSなどのシステム

無駄なシステム一切なし。高難易度の要因でもあるが、逆に理解さえしてしまえばガンガン進められる。特にトラップ関係は本気で難易度がガッツリ下がるので、使い方をぜひ覚えるべき。

たった6時間で完全初回から最高の称号であるドラゴンクォーター (1/4) を目指すという攻略動画。これ見たら目から鱗すぎて死んだ。トラップの使い方もこれを見なかったら気づかなかった部分が多い。
6時間はやりすぎとしても、普通に参考になるのでやるならぜひ見ておこう。

SOLはギブアップしたりゲームオーバーになった際に発動。その場合、最初からもしくは途中のセーブポイントから再開できるんだけど、装備やスキル、パーティー経験値を引き継いだまま再開できるのがポイント。ギブアップすればするほど楽になるうえに、SOLした場合にはシナリオに追加ムービーがあったりする。もちろん、その分前に戻されるわけだが。
開発者さんも「もう限界! ってところまで進んだら積極的にSOLしてください」って言ってました。

Dカウンターは、普通に進めていてもちょっとずつ上昇していき、竜の力を解放するとあっという間にボスなども瞬殺できる代償として一気に上昇、100%になるとゲームオーバーというシステムなんだが……これが戦闘シーンでいい感じに緊張感を高めてる。セーブ回数にも限りはあるし、死んだらやり直しになりかねないというせめぎ合いが良い。

そしてDカウンターは最後の最後で――。

ボッシュ

主人公の相棒として登場するが……。ものすごく人間くさくてステキ。こいつがいるから主人公の優等生っぷりも引き立つってもんです。

ちなみに開発者さん曰く「時間があったら、D値が1/64より上の場合に「ヘヘッ、リュウせんぱーい (揉み手)」と唐突にへりくだるボッシュを入れたかった」そうな。超見てぇ (笑)

シナリオ

かなりエグい。人間の汚い部分丸出し。現状を維持するために階級を維持し、不要なら切り捨てる政府。理想は立派だが手段を選ばない反政府組織。ただ1人を助けるためにすべてを壊し、空へ向かうパーティー。どれも間違ってないが狂ってる。

でも救いのある終わり方だった。

演出

ムービーのカット割りと演出がいちいちかっこいい。あえて主人公の顔を出さないカメラアングルだったり、ふるえるリンとニーナの2人を気遣ってチラッと目線を送るリュウだったり。いやもう本当にジオフロント到達から最終戦は捨てカット一切なし。勉強になるわ……。

不満点

回復がアイテムのみ

これが難易度を引き上げてる要因だなぁ。序盤だけでもいいから、無料の回復スポットが欲しかったかな。でも「今後も回復はアイテムだけだよ」という教訓になってるし、難しいところだな。チュートリアルがあればなぁと。

やり直し前提の難易度

シューティングなら死んで覚えるってのは普通だったりするが、RPGの長さでやり直し前提は辛い。まぁ途中からのやり直しもできるし、全体的にも短めなんだけどね、ドラクォ。*1

結論

「出すのが早すぎた」に尽きる。世界樹メガテンみたいなちょっときびしめなゲームがいける今なら――とひしひしと思う。あとはPS2ってことで、最終戦なんかでもいいところでロード画面が出てしまうのがちょっと興ざめ。これも今の機種なら……と。

エンディングでは泣いた。重苦しく陰惨、かつ鬱屈とした地下世界が延々と続いてきて、最後にあの空の青さはずるい*2。そしてエンディング曲の鬼束ちひろの『Castle・imitation』もいいなぁ。暗転してピアノの音が聞こえた瞬間に鳥肌立った。そしてエンディングが終わったあとですぐにiTSで買ってしまった (笑)

ニコニコで書いていた人がいたが「佳作でも良作でも名作でもない。命作だ」は名言。まさに命の作品。2002年のゲームだけど、個人的には2008年ベストゲームに推したいぐらい。

ちなみに

このエントリーは下書き機能でチマチマ書いていたんだけど、そうこうしているうちにやる夫が空を目指した影響でAmazonの中古価格が跳ね上がってしまった。書き出した当初は400円以下だったのに、今では980円!

けっこうアレンジされてるけど、書いた人が相当好きな人っぽく、いいアレンジです。没ネタまで含めてるので思わず中の人かと、某開発者さんに確認してしまった (笑)

ちなみに俺の初回クリアだと、D値は1/512でした。やっぱりあの攻略動画のおかげだなー。見てなかったら1/1024切ってたかも。

*1:2回SOL、合計24時間でクリアした。

*2:これを意識して、それまでの地下世界では青を使っていないらしい。